So-net無料ブログ作成

可夢偉、ザウバーから2010年のF1フル参戦決定 [自動車レース]

今シーズンの終盤2戦で魅せた速さが認められたってことでしょうね。
TDPの後押しもあったかと思います。
(トヨタはいくらくらい用意したんでしょう?)

でも、ペーター・ザウバーのお眼鏡にかなったってことだから、すごい。

これで、来シーズンのF1中継の視聴率や、関係するお仕事の方もとりあえず安心。
(って俺もある意味関係者か)

日本のコンストラクターもエンジンサプライヤーもなくて、ドライバーもいないんじゃぁ寂しいシーズンになっちゃうところでしたからね。

ともかくよかった!

以下AUTO SPORTS WEBから記事転載

中島Jr.は厳しいかなぁ。

~~~~~~~~~~~~

2009年のF1終盤2戦にトヨタからF1デビューを果たした小林可夢偉がザウバーF1チームと契約したことが17日、正式に発表された。

 可夢偉は兵庫県尼崎市出身で、レーシングカートを経てフォーミュラ・トヨタで四輪レースデビュー。その後ヨーロッパに活動の場を移し、フォーミュラ・ルノー2.0のチャンピオン、ユーロF3を経てF1直下のGP2に進み、GP2アジアシリーズでは09年のチャンピオンを獲得している。

 トヨタのドライバー育成プログラム(TDP)の一員として育った可夢偉は、07年からトヨタF1のテストドライバーに就任。09年は日本GPで負傷したティモ・グロックに代わりブラジルGP、アブダビGPに出走し、最終戦で6位入賞。チャンピオンのジェンソン・バトンらとも互角に戦う走りをみせ、関係者からは抜群の評価を与えられていた。

 今回可夢偉がF1参戦することになったザウバーF1は、09年までBMWザウバーとして参戦してきたチーム。BMWがF1撤退を決定し、その後紆余曲折を経てもともとのチームオーナーであるペーター・ザウバーがチームを買い戻す形となった。スイスのヒンウィルに本拠地を置き充実したファクトリーをもつが、BMW撤退後のチームの買収先がなかなか決定せず、FIAからの2010年エントリーも12月に入ってようやく承認されたばかりだ。

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=23889

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

HIRO

こんにちは。
数少ないチャンスをモノにした...という事では、”運も実力の内”って事でしょうか?
現在、月刊誌で連載中のコミックの「カ●タ」とかでも、あった展開ですね(ヲイ)。
中島Jrは、ロー●スに断られて、絶望的みたいですが...

CXとかの関係者は、胸を撫で下ろしているか?(笑)

BSタイヤも来期限りで、手を引くみたいだから、いよいよ...(哀)

by HIRO (2009-12-18 11:07) 

木っ端ミジンコ

HIROさん

特にフジテレビの地上波担当の方はホットしたのではないでしょうか。CSは好き者が見るので、そんなに契約者数は落ちないでしょうし。

BSの後に手を上げるメーカーがないのではないかと思います。
ミシュランやグッドイヤー、ピレリはF1に戻る気はないみたいですし。
韓国タイヤはF1のタイヤ必要数に対応する生産設備とスタッフがいるのかどうか。


by 木っ端ミジンコ (2009-12-22 10:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント